アイナ・ジ・エンドの情熱が込められた「宝者」が「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」の主題歌に

アイナ・ジ・エンドの情熱が込められた「宝者」が「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」の主題歌に
  • URLをコピーしました!
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

2024年1月14日から放送がスタートするTBS系の日曜劇場「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」。
西島秀俊と芦田愛菜が親子役で織りなす感動的なヒューマンドラマ。その主題歌には、アイナ・ジ・エンドの新曲「宝者」が選ばれました。この曲には、ドラマのテーマ性とアイナの独自の音楽性が交錯し、感動と温かさが込められています。

タップで読みたい場所にジャンプ

アイナ・ジ・エンドの情熱が込められた新曲「宝者」

引用元 《x》 ORICON NEWS(オリコンニュース) @oricon

日曜劇場「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」の主題歌に決定したアイナ・ジ・エンドの新曲「宝者」。

この楽曲には、アイナの繊細な表現力とドラマのテーマ性が見事に融合しています。

制作の過程では、アイナは脚本を熟読し、ドラマの雰囲気に合った歌詞とメロディーを生み出すべくもがきました。

アイナ・ジ・エンドのコメントから垣間見える制作の裏側

アイナは初めて台本を読んだ際、「文字で読んでいるのに音が聞こえてくるかのように鮮明に心に入ってきました。とてもワクワクしたのを覚えています。

自分にも、できることを精一杯努めたい! と思いました」と振り返ります。

制作過程では最初に送った2曲のデモが採用されず、もがくように制作にのめりこみ、結果として「宝者」が生まれたことに感謝の意を示しました。

ドラマとの調和、アイナ・ジ・エンドの音楽性とは?

ドラマの企画プロデュースを担当する東仲恵吾氏は、「本作は音楽が大きなテーマの一つです。

その中で、唯一無二の声と表現力を持っていて、どんな楽曲でもアイナさんにしか歌えない色に染めていく彼女が奏でる“音楽”をお願いしたいと思いました」とアイナの選定理由を語ります。

アイナは「beautifulさ」などでの歌唱力で知られ、その独自性がドラマに深みを加えています。

ドラマの見どころとメッセージ

引用元 《x》 【公式】さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~ 2024年1月期日曜劇場 @maestro_tbs

ドラマは天才指揮者の父と音楽を嫌う娘の確執と再生を描いた感動的なストーリー。廃団寸前の市民オーケストラによる再生の物語も展開されます。

ドラマと主題歌「宝者」が連携し、不器用な親子の心の葛藤やオーケストラの再生の喜びがリアルに描かれています。

まとめ アイナ・ジ・エンド「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」の主題歌

「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」は、アイナ・ジ・エンドの新曲「宝者」によって一層の感動が紡がれます。

アイナの独自の音楽性がドラマと調和し、視聴者に心の琴線に触れる素晴らしい作品となることでしょう。

アイナ・ジ・エンドの情熱が込められた「宝者」が「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」の主題歌に

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップで読みたい場所にジャンプ