月9ドラマ『君が心をくれたから』第3話:匂いが紡ぐ初恋の想い出と切ない手繋ぎ

月9ドラマ『君が心をくれたから』第3話:匂いが紡ぐ初恋の想い出と切ない手繋ぎ
  • URLをコピーしました!
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

フジテレビ系の月9ドラマ、『君が心をくれたから』が第3話で新たな感動を届けました。逢原雨がかつての恋人、朝野太陽のために五感を捧げる過程で、匂いの意味や切ない手繋ぎが描かれます。物語の中で明らかになる匂いの大切さ、そして手繋ぎの感動的な瞬間に迫ります。

引用元 《X》 モデルプレス @modelpress

タップで読みたい場所にジャンプ

匂いが紡ぐ初恋の想い出

月9ドラマ『君が心をくれたから』第3話では、主人公の逢原雨が嗅覚を失う前に初恋の思い出を振り返ります。雨の五感を差し出す奇跡的なストーリーが、匂いによって深まっていきます。日下とのやりとりを通じて、雨が嗅覚の喪失がもたらす意味に気づく瞬間は、視聴者に感動と共感を呼び起こします。

切ない手繋ぎの瞬間

ドラマはまた、雨と太陽の切ない手繋ぎのシーンで注目を集めています。高校時代から現在まで、3つの手繋ぎが織りなす物語が描かれ、視聴者はその成長と切なさに感動します。特に、ランタン祭りでの手繋ぎと告白のシーンは、ピュアで印象的な瞬間となっています。

引用元 《X》山田裕貴 @00_yuki_Y

匂いの大切さに気づく雨

雨は嗅覚を失うことで、初めて匂いの大切さに気づきます。特定の香りが思い出や記憶と結びつくことを知り、その中で太陽との思い出が蘇ります。視聴者からは、「匂いって良い思い出も嫌な思い出も全部蘇るよね」との共感の声が多数寄せられ、ドラマの深いメッセージが鮮明に伝わりました。

手繋ぎが紡ぐ成長と切なさ

手繋ぎのシーンは物語の進行とともに進化し、雨と太陽の成長と感情の変化を表現しています。ランタン祭りでの手繋ぎは幸せな瞬間と思われたが、雨の嘘と別れる瞬間での手繋ぎは切なさと感動を同時に味わわせます。手繋ぎを通じて描かれる愛の複雑な模様に視聴者は引き込まれます。

まとめ

『君が心をくれたから』第3話は匂いと手繋ぎが鮮やかに絡み合い、愛の深さや喪失の切なさを描いた感動のエピソードでした。逢原雨の成長と愛の模様が、視聴者に深い感銘を与えました。匂いや手繋ぎを通して伝えられるドラマのメッセージは、日常の中に潜む小さな奇跡に気づかせられる素晴らしいものでした。

次回予告

引用元 《X》「君が心をくれたから」2024年1月期月9<フジテレビ> @kimikoko_fujitv

月9ドラマ『君が心をくれたから』第3話:匂いが紡ぐ初恋の想い出と切ない手繋ぎ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップで読みたい場所にジャンプ