クリスマスの定番!中山美穂の名曲「遠い街のどこかで…」の魅力を徹底解説!!

クリスマスの定番!中山美穂の名曲「遠い街のどこかで…」の魅力を徹底解説!!
  • URLをコピーしました!
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

中山美穂さんの名曲「遠い街のどこかで…」は、1991年にリリースされ、クリスマスの定番として多くの人々に愛されています。この記事では、この素敵な楽曲の背後に潜む魅力や歌詞の深層を徹底的に解説していきます。遠距離恋愛をテーマにしたこの楽曲がどのように生まれ、なぜ今もなお多くのファンに支持されるのか、詳しく見ていきましょう。

「遠い街のどこかで…」
引用元 懐かしいチャンネルー懐メロの樹 
タップで読みたい場所にジャンプ

「遠い街のどこかで…」は遠距離恋愛の寂しさと希望

この楽曲は、1991年にリリースされたクリスマスソングであり、遠距離恋愛をテーマにしたフジテレビ系テレビドラマ『逢いたい時にあなたはいない…』の主題歌としても知られ、多くの人々に愛されています。

遠距離恋愛の切なさと希望を美しく表現した素敵な楽曲です。
歌詞に込められた「遠い街のどこかで…」というフレーズは、愛する人との距離を感じながらも、再会への信念を秘めています。

遠い街のどこかで…:このフレーズは、遠距離恋愛の切なさと希望を表現しています。歌詞の中で、愛する人が遠く離れていることに対する寂しさや切なさが描かれています。

しかし、同時に再会を信じる気持ちも込められています。

「遠い街のどこかで…」の歌詞

歌詞は、遠く離れた恋人への切ない想いを歌っています。

「恋の行方 見えなくなりそうな時 胸の奥で 流れてゆく Love Song」

恋がうまくいっていないとき、誰もが一度くらいはこんな気持ちになったことがあるのではないでしょうか。

「少し元気 失くしてる あなたにも心いやす 言葉を 探している」

元気をなくして、どうしたらいいかわからなくなる。そんなとき、大切な人の言葉が欲しいと思うのは当然ですよね。

「ずっと ずっと そばにいて その日 あった 話をしてみつめて ほしいの」

ただそばにいてほしい。そして、あの日の話を聞いてほしい。そんなシンプルな願いが、とても切なく響きます。

「私だけひとり言が 部屋の中雪のように 降り積もって涙で 溶けてゆく」

一人きりの部屋で、雪のように降り積もるひとり言。そして、涙で溶けてゆく。そんな情景が、とても美しく、そして悲しくもあります。

この曲は、恋愛の切なさを表現した名曲だと思います。

そして、この曲を聴くたびに、当時の想いを思い出し、胸が熱くなります。

今夜は、この曲を聞きながら当時の思い出に浸ってみるのもいいかもしれませんね。

「遠い街のどこかで…」のカップリング曲「Tell Me」

シングルには、カップリング曲として「Tell Me」も収録されています。

この曲は、27回もの歌入れレコーディングを経て収録されたと言われています。

作詞は渡邉美佳さんで、彼女はこの曲で作家デビューを果たしました。

「遠い街のどこかで…」のヒット記録

「遠い街のどこかで…」は、1991年と1992年のシングル売上ランキングでトップ50入りを果たし、67万枚のセールスを記録しました。中山美穂さん自身もこの曲によって多くの出会いがあったと振り返っています。
この素敵な楽曲を聴きながら、クリスマスの雰囲気を楽しんでくださいね ??

引用元 中山美穂 Official YouTube Channel
https://youtu.be/cKkY5fiXE_k?si=gTSUiyr0R34ePCvF

クリスマスの定番!中山美穂の名曲「遠い街のどこかで…」の魅力を徹底解説のまとめ

この名曲を聴くたびに、失意や切なさを乗り越える力強いメッセージが込められており、クリスマスの雰囲気を一層楽しむことができます。記事を通じて、初めてこの楽曲に触れる方でも、中山美穂さんの「遠い街のどこかで…」の素晴らしさを感じ、心温まる時間を楽しんでいただければ幸いです。クリスマスの夜にぜひ、この感動の名曲をお楽しみください!
そして、この曲を聴いて、誰かの心が少しでも温かくなることを願っています。

クリスマスの定番!中山美穂の名曲「遠い街のどこかで…」の魅力を徹底解説!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップで読みたい場所にジャンプ