優里の『レオ』、自然に涙腺崩壊する名作

優里の『レオ』、自然に涙腺崩壊する名作
  • URLをコピーしました!
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

優里の「レオ」は、犬と飼い主の感動的な絆を歌ったバラード曲。ショーケースで過ごしていた犬のレオが飼い主の女の子に出会い、一緒に暮らし始める幸せな日々から始まります。しかし、成長する女の子との別れや寂しさを通して、歌は深みを増していきます。

引用元 優里『レオ』Official Music Video
タップで読みたい場所にジャンプ

優里のプロフィール

優里は、2019年6月からSNSで歌唱動画を投稿し、その歌唱力が注目を集め、2020年8月にメジャーデビュー。

2020年10月にリリースした「ドライフラワー」が、「THE FIRST TAKE」への出演をきっかけに爆発的なヒットを記録し、2021年の年間チャートで1位を獲得するなど、一躍人気アーティストとなった。

その後も「ベテルギウス」「シャッター」など、立て続けにヒット曲をリリース。2022年には1stアルバム「壱」をリリースし、Spotifyの2022年国内アルバム年間チャートで1位を獲得。

2023年も「ビリミリオン」「クリスマスイブ」「恋人じゃなくなった日」などのヒット曲をリリースし、2ndアルバム「弐」もオリコン週間合算アルバムランキング2週連続1位を獲得するなど、その勢いは止まらない。

優里の特徴は、シンプルで心に響く歌詞と、聴きやすいメロディー。また、YouTubeでの活動も積極的に行っていることから、幅広い世代から支持されている。

今後も、優里の活躍から目が離せない。

優里の奏でる「レオ」とは

優里の「レオ」は、犬と飼い主の絆をテーマにしたバラード曲

歌詞は、ショーケースの中で過ごしていた犬のレオが、ある日、飼い主の女の子に連れ出され、一緒に暮らし始めるところから始まります。レオは、女の子と過ごす日々をとても幸せに感じています。

しかし、女の子が大きくなるにつれて、レオと過ごす時間は減っていきます。女の子の友達と遊ぶ時間が増え、女の子の帰りも遅くなるようになります。レオは寂しさを感じるようになります。

ある日、女の子が誰かと暮らすことをレオに伝えに帰ってきます。女の子はレオを撫でながら「きっとお別れだね」と言います。レオは悲しみながらも、女の子に会えたことを幸せに思います。

歌の最後で、レオは「君がくれた名前で良かったよ」と歌います。レオは、女の子につけてもらった「レオ」という名前に誇りを感じています。また、女の子と過ごした日々を忘れずに、新しい誰かにまた名前をつけてあげたいと願います。

この曲は、犬と飼い主の絆の素晴らしさ、そして、大切な存在を失う寂しさや悲しみを、優しいメロディーと歌詞で表現した、心に響く一曲です。

歌詞の解釈を簡単にまとめると

STEP
ショーケースの中で過ごしていたレオが、女の子に連れ出され、一緒に暮らし始める

ペットショップなどでよく見かけるシューケースに閉じ込められた子犬が女の子のもとにやってきて自由になる

STEP
女の子が大きくなるにつれて、レオと過ごす時間は減っていき、レオは寂しさを感じる

いつも一緒に過ごし成長していく子犬と女の子。仕合せの時を重ねていき、沢山の思いでが積もる。女の子が大きくなるとその時間もだんだんと少なくなる。

STEP
女の子が誰かと暮らすことをレオに伝えに帰ってくる。

いつしか女の子も成長し次の人生を選び旅立とうとする。レオは悲しみながらも、女の子に会えたことを幸せに思う。

STEP
そして、悲しみの最後とレオの願いを伝える

「レオ」という名前に誇りを感じ、その名前を付けてくれた事に感謝する。忘れないでよと言いながらも女の子にそれでいいよと優しく伝え、新しい誰かにも素敵な名前を付けてあげてと願う。

この曲を聴くと、犬を飼っている方なら誰でも、自分の犬との思い出を思い出し、胸が熱くなるのではないでしょうか。また、犬を飼っていない方でも、大切な人との別れや、絆の大切さを改めて考えさせられるのではないでしょうか。

ミュージックビデオを観た人たちの評価

  • 何回聴いても泣ける曲!
  • 泣けるじゃなくてマジで涙がこんなポロポロ出る曲初めてだわ
  • 女の子が成長するにつれて歌詞もどんどん複雑に、含みがあるようになってるの、マジで好き
  • 何度聴いても涙が止まらない名曲…
  • 自然と涙が出てしまうような素敵な曲でした。歌い方などすべてが完璧でした
  • MVで号泣したのは初めてです

多くの人がこの「レオ」のミュージックビデをみて、それぞれの大切な思い出と共鳴しています。
MVだけではなく、曲を聴くだけでも感動が思い起こされて感情移入が強くなり、最後まで歌えない人が続出しています。

優里の『レオ』、自然に涙腺崩壊する名作のまとめ

「レオ」は犬と飼い主の絆を美しいメロディーと感動的な歌詞で描いた曲。
犬を飼ったことのある人々だけでなく、別れや絆の大切さに共感する人も涙を流すこと必至です。
ミュージックビデオに寄せられた感動的な評価は、この曲が心に深く響く理由を示しています。

今年も優里からは目が離せません。応援しています。

優里の『レオ』、自然に涙腺崩壊する名作

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップで読みたい場所にジャンプ